Case: Ultra Reality

大手家電メーカーのLGが、84インチの薄型テレビを訴求するためにチリで実施したドッキリプロモーション。

LGはこれまでもモニタの「画質の良さ・鮮明さ」をコミュニケートするために、様々なぶっ飛んだ企画を展開してきましたが、今回の施策も同様にその“意外性”から話題を呼んでいます(YouTube再生回数は公開1週間で700万回以上)。

今回のテーマは、“What would you do in this situation? – LG Meteor Prank”。

舞台は、就職の面接会場。
事前に面接官の丁度後ろの壁にLGの大型モニタを内緒でセットしておきます。これで準備は完了。

面接官の後ろにセットしたモニタには外の風景が鮮明に映し出されており、求職者にとってはそこには“モニタではなく大きな窓がある”ように見えています。

しばらくは普通に面接が進んでいきます。

面接が進行する中、突如窓の外(モニタの中)の左端が赤みを帯びてきます。

よくよくモニタを見ると、左上から隕石が落ちてくる様子が映し出されており、この様子に気づいた求職者は“本当に隕石が窓の外に落ちてくる”ように見えて大パニック。

“隕石が墜落する様子”まで映し出されて、腰を抜かす求職者も。

そして真っ暗になった面接会場の中を不安げに彷徨っている求職者の元に、突如明かりをつけて面接官を含む仕掛け人たちが現れ、種明かしをするという流れでした。

「就職の面接会場」という緊張感漂うシチュエーションを、ドッキリプロモーションの場所に選んだ本企画。ドッキリの被害者の中には、種明かしの後に激怒してすぐに帰った人もいたようです。

モニタの“画質の良さと大きさ”を訴求するために、まさに「ここまでやるか!?」というプロモーションですね。日本でやったらかなり高い確率で色んな所から怒られそうです。。。

LGのドッキリプロモーションに関心のある方は下記記事もご覧ください

日本でやったらクレーム必至!? エレベーターを舞台にした液晶モニタの恐怖プロモーション
LGの“モニタの美しさ”を訴求する、男子トイレで行われたおバカな実験

世界各地で実施されたLGのユニークな広告/プロモーションに関心のある方は下記もご覧ください。
LGの斬新な広告/プロモーション(まとめ)

動画はコチラ