Case: We welcome a new client

ポーランドのソーシャルメディア分析企業「Brand24」が、新たに家具大手のIKEAをクライアントにしたことを受け、プレスリリースでその実績を発表するのではなく、バイラルムービーを制作して話題を呼んでいます。

制作したビデオの舞台はIKEAのショールーム。出演者はBrand24を設立した2人の経営者。

IKEAショールームは、“Make yourself at home”(自分の家のようにくつろいで)をコンセプトに掲げ、気軽に商品を試せる場として提供されていますが、ビデオの中で2人の経営者は文字通り“自分たちの家のように”IKEAショールームでの生活を満喫しています。

朝起きて、洗面所やキッチンを使ったり…

日中はデスクで仕事をしたり、昼寝したり…

夜はソファーでくつろぎ、ベッドで読書をします。

Brand24は、低予算・短時間でもウェブ上で話題になるコンテンツを制作することができるということを証明したかったといいます。

このバイラルムービーの効果は絶大で、ポーランドにおける最もポピュラーで最もシェアされた動画のトップ10にランクインされました。

IKEAへのバズも350%増加し(内99%はポジティブな評価)、ポーランドのバイラルキャンペーンの成功例の一つとなったそうです。

動画はコチラ