Case: SnapMyAd

もしもスマホで気軽に撮影した写真が、お気に入りのブランドの「広告」に起用されて、写真提供の対価として報酬まで受け取ることができるとしたら、ちょっとワクワクしないだろうか?

先日そんな“もしも”を具現化するiOSアプリがアメリカでリリースされて話題を呼んでいます。アプリの名前は「SnapMyAd」。写真共有SNSのInstagramでシェアした写真を、企業・ブランドの広告素材として売り込むことができるiOSアプリ。

レストランやショップなど、広告用写真素材を募集している企業に対して、自分が撮影してInstagramで共有した写真をエントリーすることができます。見事採用されて広告に起用されると、サービス券や割引券といった形で報酬が支払われるという仕組みです。

企業側にとっては、ユーザー目線での投稿写真を集めることが容易になると同時に、このアクションを通じてファンのブランドへの関与度合を深めさせることが可能になります。一方ユーザー側にとっては、趣味で投稿していた写真が報酬に結びつくチャンスを得られるというコンセプトです。

企業、ユーザーの双方に利益をもたらすアプリとして、今後更なる拡大が期待されています。

参考サイト

SnapMyAd
http://www.snapmyad.com/