Case: Häagen-Dazs Concerto Timer

高級アイスクリームとして知られるハーゲンダッツのアイスは、冷凍庫から取り出して2分経過後が、適度に柔らかくなって“食べ頃”だといいます。

先日アメリカで同社がリリースしたiOSアプリは、そんな“最適な食べ時”を通知してくれるユニークなタイマーアプリです。その名も、“Häagen-Dazs Concerto Timer”。

アプリをダウンロード後、開けたばかりのハーゲンダッツのアイスの『蓋』にiPhone/iPadのカメラをかざすと、ディスプレイにヴァイオリニストがARで現れて、食べどきになるまでの間、クラシックの名曲「バッハのインベンション14番」を演奏してくれるという仕掛けです。

アイスのフレーバーによって、ヴァイオリニストではなくチェリストが登場して演奏することもあるようです。

このアプリは、ハーゲンダッツアイスの蓋を開けた後に、“早く手をつけたい”という誘惑に打ち勝ち、心を落ち着けてもらうための一つの演出として考案されたといいます。

「アイスがいい具合で溶けるまでの間、クラシックの演奏を目と耳で楽しんでもらおう」というコンセプトのアプリ。新しい角度からブランドとの接点を持たせられますね。ブランドの特別感を演出できる、素敵なアプローチだと思いました。

なお、Häagen-Dazs Concerto TimerアプリはUS専用アプリです。日本版のリリースも期待したいところですね。

動画はコチラ