Case: Tweet #WantNewCar

ホンダがサマークリアランスセールのプロモーションとして、Twitterと動画アプリ「Vine」を使った1日限定の企画を実施しました。

VineはTwitterと連携する動画共有アプリで、簡単に6秒間の動画を作成し共有することができます。今回ホンダは、Vineの手軽さに目をつけ、Twitterで寄せされた顧客からのメッセージに、“Vineで作成した動画で即座に返答する”という企画を考案。

現在所有している車の不満や悩みなどを、キャンペーン用ハッシュタグ#WantNewCarをつけてTwitterで自由に投稿してもらいます。

ホンダは、それぞれの悩みに答えると同時に、クリアランスセールでホンダの自動車の購入を勧めるコミカルな動画をVineで作成して、その動画でもって各ユーザーに返答するという試みです。

ホンダの新車のすばらしさをソフトクリーム片手に表現してみたり…

@zombie_reporterというアカウント名で寄せられた質問には、ゾンビから逃げながら新車の特典をレポートしたりします。

このハッシュタグをつけて寄せられたコメントは6895件に上り、インプレッションは約1480万に到達したといいます。またキャンペーン前日から翌朝までに“Honda”というワードは約2億4700万のインプレッションを得て、PR効果も上々だったそうです。

世界各地で実施されたVineを活用したプロモーションに関心のある方は下記もご覧ください。
Vineを活用したプロモーション(まとめ)

世界各地でホンダが仕掛けた斬新な広告に関心のある方は下記もご覧ください。
ホンダのアイディアが光る広告/プロモーション(まとめ)

動画はコチラ

参考サイト

YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=PJze9Ly-1Wo