Case: Designed by Apple in California – Intention

アップルがWWDC2013で上映した“Designed by Apple in California”のプロモーション映像を紹介します。

WWDCとは毎年カリフォルニアで開催されるApple主催のデベロッパー向けイベント。
例年、この場所で新しいハードウェア、ソフトウェア、MacOSなどの発表が行われるため、デベロッパーだけでなく、業界を超えて多くの人が注目するものとなっています。

今回この場所で同社はオープニングビデオとして、プロダクトを作る上での思いや理念を語るプロモーションビデオを公開しました。テーマは、“Intention”。

〔日本語訳は以下の通り〕

もしみんながあらゆるものを作るのに追われていたら
完璧なものを作り上げることなどできるだろうか?

私たちは勘違いし始めている 便利さこそが楽しさだと
種類の多さこそが選択肢の多さだと。

何かをデザインするときに求められるのはフォーカス
私たちが最初に問うことは人がそこから何を感じるか?

“歓び” “驚き” “愛情” “つながり”
そして私たちは手を動かし始める その意図に沿って
それは時間のかかること・・・

数えきれない「NO」がひとつの「YES」の前にある。
シンプルにする 完璧にする 一からやり直す

手がけるすべてのものが
それを手にする人の暮らしを輝かせるまで。

その時はじめて 私たちはサインを刻む。

Designed by Apple in California

美しいアニメーションとともに語られるブランドマニフェスト。
このキャンペーンの今後の展開が楽しみです。

動画はコチラ

参考サイト

Apple
http://www.apple.com/designed-by-apple/