Case:Superformula

がんなどの深刻な病の闘病生活において、最初のステップは“病からの快復を当人が信じる”ことだといいます。

しかし、がん治療における“化学療法”は肉体的・精神的に辛いもので、特に子供にとっては“快復を信じきる”ことが困難だという現実があります。

そんな状況を少しでも緩和すべく、ブラジルのがん治療センター「Hospital A.C.Camargo」は映画配給会社Warner Brosの協力を得て、子供にネガティブな印象を与えている化学療法のイメージを払拭できる斬新なアイディアを考案。

“化学療法用の点滴バッグ”を覆うパッケージを、子供たちに大人気のアメコミヒーロー(バットマンやスーパーマン、ワンダーウーマン、グリーン・ランタンなど)のロゴがデザインされたもので制作します。“がんに打ち勝つ”ための『Superformula(スーパーヒーローによる処方)』だと子供に直感的に訴える狙いです。

パッケージは医師とともに作られたもので、簡単に殺菌ができ、全ての病院の衛生基準を満たしているものだといいます。

さらに、このパッケージに“より強い意味合い”を持たせるために、バットマンやスーパーマンのTVアニメと漫画で特別シリーズを制作。その中でヒーローたちは、敵の策略にはまり“がん闘病に苦しむ子供たち”と同じようにベッドで治療を受ける経験をしますが、医師が処方した『Superformula』により元気を取り戻し、敵をやっつけるという模様が描かれました。

また、小児病棟の廊下や壁、遊技場などにもスーパーヒーローの姿を描いたり、子供たちの部屋のネームボードもヒーローのデザインのものに変えました。

この試みに看護師からは「大勢の子供たちが、化学療法治療の必要性をわかってきてくれてるように思う」という声が笑顔とともに聞こえてきます。

下記のプロモーションをおさめた動画の中には、ある看護師の女性が「大変な痛みや不安な気持ちに向かい合い、一つずつ克服していく闘病中の子供たちこそが、“実在するスーパーヒーローなんです”」と語るシーンがありますが、まさにその通りですね。

そんな子供たちに少しでも“勇気と信じる力”を与えられる今回の取り組み、本当に素敵です。

動画はコチラ

参考サイト

I believe in advertising
http://www.ibelieveinadv.com/2013/05/hospital-a-c-camargo-cancer-center-superformula/