Case:The turnstile of rock

ブラジルの音楽専門ラジオ局・Kiss FMによる、早朝の番組プログラムに新しく“ロックミュージック”を加えることを、“社員やオフィスの来訪客”に周知することを狙ったアンビエント広告、その名も“The turnstile of rock”。

今回の企画では、ロックのライブでよく見られる“Rock on(めいっぱいロックしよう)”のサイン、すなわち“人差し指と小指を立てるサイン”がキーになります。以下写真のようなサインです。

同社は、オフィス入口にある回転ゲートを改造して、この“Rock on”のサインでセキュリティの認証ボードに接触しないと、ゲートを通過できないような細工を施しました。

従業員もオフィスを訪問したお客さんも、ゲートを通過するためには“Rock on”のサインをしないと通れないという仕掛け。指1本だとゲートが開きません。

オフィスに入るには、嫌でもロックのサインをする必要があるというコンセプト。

説明する前にまず体験させ、そのアクションを通じてメッセージを浸透させるアプローチですね。
面白い!

動画はコチラ

参考サイト

Creative Criminals
http://creativecriminals.com/ambient/kiss-fm-the-turnstile-of-rock/