Case:Interactive Web Ad

カナダで活動するアルツハイマー病患者の支援団体「Société Alzheimer」による、市民への啓発と寄付金を集めるために仕掛けたWeb広告。

ご存知の通りアルツハイマー病患者は、病気の進行とともに記憶が怪しくなり、少しずつ記憶自体が消えていくものですが、病気発症の初期段階においては、特に「短期記憶(“さっき食べたものが忘れる”などの少し前に体験した記憶)」が思い出せなくなる、という症状が現れるようです。

今回のプロモーションは、そんなアルツハイマー病患者特有の辛い“症状”をWeb上で疑似体験してもらうという企画です。

こちらがカナダのポータルサイトで出稿された広告。右にあるサイドバナーがそれです。

これだけ見るとただのバナー広告ですが、
このサイトをユーザーが、色んな情報を得ようと下部にスクロールしていき、、、、、

「やっぱりもう一度上のコンテンツを見よう」と思って、ユーザーが上部にスクロールしていくと、何と右サイドにあったバナー広告以外全てのコンテンツがまっさらになっているという仕掛けが施されています。

まさに『ほんの少し前に見た(体験した)情報が突然消えてしまう』という、アルツハイマー病患者の初期症状をWebサイトをスクロールするだけで、疑似体験できてしまうという企画。
この仕掛けの結果、広告のクリック率は通常のバナー広告に比べて400%も増加しました。

こちらの施策は、「Marketing Awards 2012」、「Official Honoree at the Webby Awards 2012」、「Applied Arts 2012」「Prix Créa 2012」「Prix Média 2012 」などの広告コンテストでも表彰されたそうです。

ポータルサイトを閲覧する人の何割かが、訪問時にとりあえず“上から下までどんな情報があるかをスクロールしてみる”という行動をとることを前提にして考案された施策のようですね。バナー広告を出稿する前に、事前にどのサイトがそういった行動をするユーザーが多いかを媒体側にヒアリングしたんだろうな、と感じます。

体験した人にはメッセージがズバっと伝わる、とても秀逸なインタラクティブ広告でした。

動画はコチラ

参考サイト

・osocio
http://osocio.org/message/scrolling_for_alzheimers_awareness_and_fundraising/