Case: Hero

アメリカで活躍するデザイナーのMiguel Endara氏が210時間を費やして制作したアート作品。

コンセプトは、320万個ものドットをすべて手書きで書き上げることで素敵な絵画を描くというもの。

Hero from Miguel Endara on Vimeo.

鉛筆でアウトラインを描いた後に一つ目のドットを用紙に書き込みます。

2,403個のドットでまだまだ序盤戦。

ドットの数を数える側も相当しんどい数になってきましたが、全体の10%未満です。

ようやく3分の1のドット(100万個以上)を書き終えた段階のMiguel Endara氏。
疲れも見せず黙々とドットを書き込み続けます。

完成までもう少し。

そして完成した作品がコチラ。
この作品のテーマは “Hero” というもので、自身の父親をモチーフにして描いたそうです。

参考サイト

・Adverblog
http://www.adverblog.com/2011/12/06/3-2-million-ink-dots/