Case:Cinemagraphs

本日の投稿は、企業や団体のプロモーション事例ではありませんが、
恐らく多くの方のインスピレーションを掻き立てるであろうアート作品を一つご紹介します。

下の画像をご覧ください。
こちらは、アメリカを拠点に活動する写真家「Jamie Beck」とモーショングラフィックアーティスト「Kevin Burg」がタッグを組んで制作した、「Cinemagraphs」と呼ばれる作品です。

ご覧の通り、各写真の一部が微かに動いています。
写真に写っている女性の髪が揺れたり、まばたきをしたり、スカートが風になびいたりする様が見られます。

これらの効果により、被写体に命を吹き込み、見るものに被写体がそばにいる様な感覚や、写真の中に引き込まれるように錯覚させる体験を与えているように感じます。

制作した「Jamie Beck」と「Kevin Burg」自身はこの作品について、
『Something more than a photo, but less than a video』と語っています。
この言葉の真意は私には測りかねますが、
“Cinemagraph”は写真でも映像でも得られない、未知なる幻想的な体験を見るものに与えているように思えます。

これらの制作にあたっては一点あたり丸一日もの時間が費やされたものもあったそうです。
素晴らしいアート作品は当然のことながら、時間と労力がかかりますね。

将来、いつになるかわかりませんが、この変わった“Cinemagraph”を自動で撮影できるデジカメが開発されるのが待ち遠しいです。

参考サイト

・Bored panda
http://www.boredpanda.com/cinemagraphs-by-jamie-beck-and-kevin-burg/