Case:The Virtual Homeless

(背景)
約4万人のホームレスがニューヨークには存在するが、関心を留める市民はほとんどいなかった。

(目的)
・ホームレスの現実についての関心を高めること。
・ホームレスに生活場所を提供するための寄付金を募ること。

The Virtual Homeless

The Virtual Homeless

キャンペーン名:The Virtual Homeless
1.Sarkissian Masonというデザイン事務所を起用し、ホームレスを表現する短い映像を製作し、ニューヨークの街中にゲリラ的に投影した。

2.街中に投影されたホームレスの映像の中には携帯からSMSの送信を促すメッセージが組み込まれていた。

3.生活者はSMSメッセージを指定された番号に送ることで、携帯電話経由で簡単に募金活動ができるという仕組みになっている。

動画はコチラ

参考サイト

・digital buzz blog
http://www.digitalbuzzblog.com/the-virtual-homeless-a-digital-installation/