Case:Titus Human Billboard Campaign

■ 施策背景
高級自転車メーカーのTitus Cyclesは2009年からフェイスブックを顧客とのコミュニケーションの場として活用している。
現在までに1300人のファンを獲得している。Titus Cycles は現在よりもブランド力を高め、フェイスブック上で顧客(ファン)と有用なコミュニケーションを取りたいと意図していた。

■ 施策内容
フェイスブックを活用して、タトゥーのデザインコンテストを実施

Titus Human Billboard Volutneer Program

Titus Human Billboard Volutneer Program

1.“human billboard” というコンセプトの下、Titus Cyclesを象徴したタトゥーのデザインコンテストを実施した。優勝者は6000ドルのマウンテンバイクを得ることができる。

2.デザインの応募、投票をするにはTitusのフェイスブックのファンになるという条件を設定した。

3.Titus Cyclesは既存顧客、自転車の製造会社、自転車レースのスポンサーなどにこのキャンペーンについての情報を提供することにより、このキャンペーンをPRした。

4.2010年1月12日にフェイスブック上でライブでコンテストを行い、これについては予め地元メディアや自転車関係のメディア、ブロガーなどに情報を提供して、告知パブリシティを獲得し、接触者数を拡大するよう仕向けた。

5.PRだけではなく、フェイスブックに2週間広告を掲載することでブランドの可視性を上げようとした。

6.タトゥーのデザインは都度、フェイスブックのフォトアルバムに掲載し、ファンにニュースとして流した。

7.デザインの投稿者も自身のデザインに投票させるために自身のソーシャルメディアを活用した。

■ 結果
・同社のフェイスブックのファンは1300人から6020人に増加した。
・187個ものタトゥーのデザインが寄せられた。また、優勝者のデザインには3000票の投票と87個のコメントが寄せられた。
・デザインへの総投票数は25000票に上った。フォトアルバムのView数は8000回にも上った。
・Titus Cycles よりも10倍以上規模の大きい“Santa Cruz Bicycles”のフェイスブックのファン数を上回った。

参考サイト

・ PR WEEK US
http://www.prweekus.com/titus-cycles-uses-contest-to-boost-facebook-presence/article/167622/