Case:SanDisk Extreme Pro Launch

プロのクリエイターの間でSanDisk製品への信頼を得て関心を高めることを意図したプロモーション。プロカメラマンにとってフラッシュメモリー・カードの性能として『何が重要であるか』に関する生の声を収集することも狙い。

SanDisk Extreme Pro Launch: CLAUDIA GOETZELMANN

SanDisk Extreme Pro Launch: CLAUDIA GOETZELMANN

施策内容

キャンペーン名:SanDisk Extreme Pro Launch

■ 戦略
1.ファッション、スポーツ、アウトドア、ウェディングの分野から金銭契約無しにキャンペーンのために7人のプロ・カメラマンを収集し、“Extream Team”を結成した。

2.これらの分野のカメラマンを起用した理由は、彼らの写真撮影にはスピードと確実性が必要不可欠であり、サン・ディスクのフラッシュ・メモリー・カード(エクストリーム・プロカード)はこの2つを提供することができることから、彼ら自身の活動を通じて商品の特長をPRしてもらおうと企図した。 (彼らの活動を通じた商品使用のイメージや撮影ストーリーが、顧客が商品を使用する際のイメージにつける手立てになると考えた)

■ PR戦術
1.キャンペーンの核となるメッセージや素材はUSAで企画・製作され、その後に25カ国でキャンペーンが展開された。

2.このキャンペーンについてSanDiskの”extream team”webサイトや一般的なメディア、ブロガー、ソーシャル・メディアを通じて発信された。

3.webサイトでは“Extream Team”のカメラマンのプロフィールや写真が紹介された。また、ビデオによるプロフィール紹介もSanDisk TVをはじめとした、YouTubeやMatacafe,Vimeo など13のビデオサイトで紹介された。

4.また、キャンペーンの関心を集めるために金銭契約を結んだプロカメラマンであるChase Jarvisは商品発売開始の9日前から行われていたニュージーランドでのスキー・ジャンプの撮影にこのフラッシュ・メモリー・カードを使用し、自身のブログ内で日々の撮影の詳細を記した。そして、発売初日になって初めて自身がSanDiskのフラッシュ・メモリー・カード(エクストリーム・プロカード)を使用していたことをブログ内で明かした。

SanDisk Extream Team :ROBERT KNIGHT

SanDisk Extream Team :ROBERT KNIGHT

SanDisk Extream Team:MATTHEW MAY PHOTOGRAPHY

SanDisk Extream Team:MATTHEW MAY PHOTOGRAPHY

結果

・発売より3週間でSanDisk.comを通じてフラッシュ・メモリー・カード(エクストリーム・プロカード)が43個売れ、25,000ドルの売り上げとなった。
・発売日のホームページへのアクセス数は前週の同曜日と比べ59%も上昇し、“Extream Team”のページビューは2,800を越えた。
・さらに2人のプロカメラマンが“Extream Team”に新たに参加することになった。
・Chase Jarvisがニュージーランドでの撮影中に更新していたブログへのアクセスが40,000ビューを越えた。
・2009年3月~12月の間でメッセージを発信していたソーシャル・メディアへの参加者数も増加した。
・Facebookでは370人から2,270人に増加。
・Twitterでは341人から1,503人増加
・Myspaceでは103人から235人に増加
・Flickrでは34人から169人に増加
・雑誌やオンラインニュースの読者112万人にメッセージが届いたと推測される。
・750以上ものエクストリーム・プロカードによる撮影ストーリーが、New York TimesやWIRED、Gizmodo、CNETで掲載された。

SanDisk Extreme team

SanDisk Extreme team

動画はコチラ

参考サイト

・PRWEEK
http://www.prweekus.com/top-photographers-showcase-the-extreme-pros-attributes/article/162395/