Case:Celebrity Sundaes

Marble Slab Creameryブランドが顧客に提供する体験を再構築することを狙ったプロモーション。他社商品との差別化が困難であり、何かしらの手法で違いを示す必要があった。

施策ポイント

Marble Slab Creameryはブランドイメージの包括的な見直しを行うためのメインテーマとして“セレブリティ・サンデー”(果物やナッツなどをのせシロップをかけたアイスクリーム)の開発に取り組んだ。

施策内容

プロジェクト名: Celebrity Sundaes(セレブのアイスクリーム)

1.最適なブランディング戦略として『有名シェフに新しいサンデーを開発してもらうこと」と判断し、“Bravo”というアメリカのTV番組で活躍する3人のトップシェフにサンデーの開発を依頼した。

2.ファビオ=ビビアーニ、カーラ=ホール、ジェフ=マッキニスの3人はMarble Slab Creameryの夏メニューとサンデーを作り上げた。

3.あえて数人のシェフとパートナーシップを結ぶことで、トップシェフである彼らのイメージをより多くの場で使用することができ、その結果数多くのメディアで露出させようと意図した。

4.3人のシェフは大衆への告知や雑誌に取り上げてもらうために、2日間に渡って国内のメディアに出演するためのツアーを行った。
また、それぞれのシェフ自身がアシュビルやアナハイムなどのスーパーマーケットに出向くなどの活動を行った。

Celebrity Sundaes

Celebrity Sundaes

結果

・キャンペーン開始からMarble Slab Creameryのフェイスブックのファン数は17,000人から37,000人へと増加した。
・Marble Slab Creameryからの勧誘メールに申し込むユーザーの割合が65%増加した。
・FOX&FriendsやUSA Today、New York Magazine、Radio Disneyなどのメディアで数多く取り上げられることとなった。

予算

$65,000

参考サイト

・PR WEEK US
http://www.prweekus.com/young-chefs-add-flavor-to-marble-slab-creamerys-branding-efforts/article/155873/