Case:repulsive antifat ad

NY市による増加する肥満への対策を目的としたプロモーション。

施策内容

ニューヨーク州の健康管理局が市民に増加する肥満への対策のために広告と動画を製作した。

広告の内容はソーダボトルから人間の脂肪が注がれているというもの。
広告には“脂肪を飲むな”、“ソーダや甘い飲み物の摂取量を減らそう”、“水や炭酸水、低脂肪牛乳にしよう”というメッセージが込められている。 この広告は3ヶ月間にわたって、1500もの地下鉄車両に掲載された。

動画の内容は、男性がコップいっぱいの脂肪を飲むというものであり、この動画に関してNYCの保険委員であるDr.トーマスは「このビデオはジョークっぽく作られているが、いたって深刻なメッセージを含んでいる」とコメントしている。

Man Drinking Fat. NYC Health Anti-Soda Ad. Are You Pouring on the Pounds?

Man Drinking Fat. NYC Health Anti-Soda Ad. Are You Pouring on the Pounds?


Man Drinking Fat. NYC Health Anti-Soda Ad. Are You Pouring on the Pounds?

Man Drinking Fat. NYC Health Anti-Soda Ad. Are You Pouring on the Pounds?


Man Drinking Fat. NYC Health Anti-Soda Ad. Are You Pouring on the Pounds?

Man Drinking Fat. NYC Health Anti-Soda Ad. Are You Pouring on the Pounds?


Man Drinking Fat. NYC Health Anti-Soda Ad. Are You Pouring on the Pounds?

Man Drinking Fat. NYC Health Anti-Soda Ad. Are You Pouring on the Pounds?

動画はコチラ

参考サイト

・AD FREAK

http://adweek.blogs.com/adfreak/2009/12/nyc-unveils-even-more-repulsive-antifat-ad.html