Case:Idea Bounty website
Peparami's Animal

Peparami's Animal

施策内容

ユニリーバは「Peperami」ブランドの2010年初頭から始めるキャンペーンの広告クリエイティブ(アイディア)をインターネット上で広く公募。[賞金は当初$10,000予定だったが最終的には$15,000になりました]

*この「Peperami」ブランドの広告は1993年から16年間に渡り、広告会社「Lowe」が手がけていましたが、ユニリーバは「Peperami」ブランドのイメージをより先進的で前衛的なものにするために今回「Lowe」と関係を断ち、はじめて実験的に広告アイディアの公募制を採用することになりました。

Peperami's Animal

Peperami's Animal

結果

・1,185ものアイディアが「Idea Bounty website」に投稿されました。
・結果、広告のプロフェッショナル2名の案を組み合わせたアイディアがグランプリを獲得し、一人はロンドンのコピーライターで、もう一人はドイツのクリエイティブディレクター。
・ちなみに2人の広告業界における経験は合わせて50年を超えていました。

Idea Bounty

Idea Bounty

次なる展開

・現在2人のアイディアは、制作会社「Smartworks」によって、来年初頭からはじまる「Peperami」の紙面およびTVでの広告キャンペーンに向けて急ピッチで制作されています。
ユニリーバは、今後「Peperamiブランドに関して、リテナーで広告会社に依頼する予定はない」と話しているそうです。

Peperami Meat Retreat

Peperami Meat Retreat

参考サイト

・AdvertizingAge
http://adage.com/globalnews/article?article_id=140712