Case:Taking steps towards a virtually greener

ワトソン・ウォーターが地球環境に優しい(=エコロジカルな)企業であることを生活者に意識付けすることを目的としたプロモーション。

施策ポイント

オンラインにて生活者参加型の“花苗を植える”プログラムを開発し、人々が緑のある生活を疑似体験でき、実生活においてもどのように花苗を植えればよいかを具体的に提示しました。

施策内容

オンラインとオフライン双方における生活者のタッチポイントを意識したインテグレート・キャンペーンを展開。

1.キャンペーンでは子供たちをメインキャラクターとして採用し、花苗を植えることや環境に優しい生活を送ることが簡単であることをデモンストレーションで示すことを念頭におき、それを示すツールとしてまず、“子供たちが花苗を植える”という7シリーズある10秒間のTVCMを製作しました。

2.続いて同内容の描写を香港の地下鉄や多数の人で賑わう“Causeway Bay”エリアでの広告看板などの野外メディアでも起用。

3.加えて、より楽しく簡単に“子供たちが花苗を植える”というテーマを理解できるように、augmented reality (AR) technologyを活用したオンラインゲームを採用しました。{augmented reality (AR) technology=シーマンのようなゲーム}

4.また、特設webサイトを開設し、ワトソンウォーターのペットボトルに印刷された“花の模様”にwebカメラを向けるとwebサイトの中で、仮想の花に水を与えることができるようなプログラムを提示しました。(FACE BOOKやTWITTERとも連動している)

5.WEBサイト上だけではなく、生活者の日常生活でもリーチするために、“Causeway Bay”や“Mongkok”エリアにキオスクを設置し、30秒間の仮想の花苗を植える体験を通行人にも促しています。

watsonswatergreen.com

watsonswatergreen.com

watsonswatergreen.com

watsonswatergreen.com

watsonswatergreen.com

watsonswatergreen.com

watsonswatergreen.com

watsonswatergreen.com

結果

2009年11月現在、1,000以上もの花の写真がオンライン上(特設webサイト上)にアップされており、このオンライン・プログラムについての討論がdiscuss.com.hk, failforum.net, uwants.com、Yahoo Knowledgeなどで行われています。

参考サイト

・MEDIA ASIA
http://www.media.asia/searcharticle/2009_09/CASE-STUDY-Taking-steps-towards-a-virtually-greener-Hong-Kong/37208